prev08next
sunmontuewedthufrisat
--12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031--

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

薫

Author:薫
衣/冒険はしない
食/お酒のおつまみ系
住/かながわけんみん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

強さは本物だった。CS勝利

凄いわ。


解説者の人も言ってたけど

これといった選手はいない。
しかし強い。

ひちょりは、こういうふうに言われると嬉しかったそうです。
今年は、特定の選手で勝つのではなく、チームで勝とうとしていたから。

身内びいきかな。
ファイターズを見てると感動するんだよね。
感動っていうか、嬉しいっていうか。

セギが、

「ヒットを打ったことよりも、皆が俺のヒットを自分のことのように喜んでくれたことが嬉しかった」


って。


プロの世界って、仲間であっても蹴落とす意識が無いと駄目だとか、聞いたことがあるんだけど、ファイターズって違いますよね。


こういう意識の集大成が、二連覇!
嬉しい。
選手も嬉しいけど、その試合を見ることの出来るファンも嬉しいッス。


ロッテも好きだ。
でも、そのロッテより、ちょびっとハムが強かった?
ファンの歓声のおかげかもね。
試合が千葉で行われていたら、今日の試合は逆の流れになってたかも。

ホームゲームのアドバンテージは大きかった…。


嬉しいな~~~!
 

ダルビッシュ有とゆかいな仲間たち

昨日、一番ウケたシーンは三塁コーチャーの白井サン(かな?)が、鶴岡が二塁から三塁に盗塁した時、手で歯の形を強調していたシーンです。

どうも、昨日は緒戦勝利おめでとう。
ダルよかったね。
先頭打者を連続で出しまくったときはヒヤヒヤしました。

チャンスを作ったら、応援が凄いから波が押し寄せるように攻めますね、ハムは。

それから…9回オモテの、ダル-中嶋バッテリーにトキメキました。
中嶋さんって、ほぼマイケルか久としかバッテリー組んでないから…ベテラン捕手にリードしてもらったダル、どーだったんだろう。
やっぱり緊張するもんなんだろーか。

それにしても…日ハムって。
基礎力重視の野球をやるなーって思いました。

小谷野はちょこっとボロ出たけど、守備の堅実さ。
ロッテ・サブローの守備の甘さを見たから余計。

あと…HRはやっぱり出ないんですよね。
でも5点取れる野球。

昨日GAORAの解説の人が、稲田のバッティングを見て
「うまいですね~。でも日ハムの選手ってセギノール以外は皆こういうバッティングができますよね」
と。

珍しい、バッティングが誉められている…!(笑)

ちょーっと記憶がおぼろげなんですが、外角の低めのボールを体勢崩れながらも一塁線に転がしたヒットだったと思うんですが、ひちょりもああいうヒット打ちますよね。
そうか、皆できたのかアレ…。


今日は武田勝が先発です。
以前ほどの熱中っぷりは無くなったけど、武田の投球はやっぱり好きなのです。
久々に堪能させて頂きます。
 

クライマックス…

クライマックスシリーズ…
この響き、語感。
どう思いますか?

正直ダサいと思ってます。


というわけでいきなり毒などはいてみました。

パ・リーグは乱世ですねぇ。
四半世紀Aクラスを守り抜いてきたライオンズがBクラスに転落、やや押しの弱かった食べ物系親会社の日本ハムと千葉ロッテが一位・二位。


私が野球を見始めたのが約10年前なんですが、この頃、ライオンズには秋山がいて清原がいて、ピッチャーには工藤なんかもいたような記憶。
キャッチャーは伊東さん。
この頃のライオンズ、かっこよかったし面白かった。

流れない水は淀む…って言うけど。
ライオンズがそうってコトじゃなくて、組織全部に当てはまることだけど、いい結果を残せば残すほど、新しい風を送り込むのは困難になってくる。

ソレ考えると、ハムの人事編成はこのタイミングでよかったのかなと思う。

梨田サンはどんな監督になってくれるんだろ。
楽しみにしてます。


で。
話は戻ってCS。

ロッテ来ました!
正直、怖いです。
ロッテの選手ってチャンスに強い気がするんです。ノビノビやってるからかな。
ノビノビ加減ではウチも負けてないと思うんだけど、どうもハムの打者はチャンスに弱い気がするのですが…。

全然読めない。
力は拮抗している気がする。

すっごく楽しみ!!
 

パ・リーグレギュラーシーズン2連覇

スゴイ…。

ハム、2年連続パを制覇してしまいました。
今年はクライマックスシリーズで日本シリーズの出場権を争うだけですからね。

レギュラーシーズンを制したチームがリーグ優勝です。
ハムが一番制度改正の恩恵をうけてます。
ソフトバンクはツイてないなぁ。

さて、シーズン開幕前はソフトバンクがぶっちぎりと予想する方が多かったと思います。
私もそうでした。

半年前の赤っ恥予想はコチラ

世の中わからんことだらけだな~



それにしても、武田勝の10勝目、おしかったですね。
運がよければ10勝はしてましたよね。グリンもだけど。
でも同じ条件でダルの勝ち数は凄い。
なんていうか、ダルビッシュ本人も「俺がエース」みたいな力みとか、マサルさんにしても勝ち数に全然拘ってないとか、そーゆー気の抜け加減がたまらなく好きです。

さて、このエントリは9/30時点で書きかけだったんですが、そのまま報知してこの時間…

さて今年も日本一を手にして、「運」とか「勢い」とか言ってナメくさってた人々をギャフンを言わせてほしいですね~


 

高田GM、今季限りで退団?-追記9/24

こんばんは。

なんと、高田GMが今季限りで退団するとか。
マジですか?

日本ハム・高田GMが退任の意向 球団は強く慰留へ

日本ハムの高田繁ゼネラルマネジャー(GM)(62)が球団との契約を更新せず、3年契約が切れる今季限りで退任する意向であることが、23日分かった。高田GMはこの日「3年もやったのだし、(昨年)優勝して日本一にもなった。(監督交代で)一つの区切り、というのはある」と話した。球団は、強く慰留する方針。

 現役時代に巨人の日本シリーズ9連覇に貢献した高田GMは現役引退後、日本ハム監督、巨人2軍監督などを務め、2004年オフに新設された現職に就任。的確な補強で強化を図ったおかげで、昨季44年ぶりの日本一に輝いたチームは、今季もリーグ首位を走っている。



ヒルマン監督が今季限りで退団、田中幸雄が引退…。

この2人はまだ理解できる。
というか、このタイミング以外ありえないかもしれない…。

ただ、この2人には、白井ヘッドコーチが、そして稲葉、金子がいるんです。
安心して退団できるし、幸雄さんはコーチだしね。

でも高田GMの後釜って…いるのか!?


どんなに人が入れ替わっても、変わらない『組織』を作る……と、高田GMはおっしゃっておりました。
だから、ヒルマン監督がいなくなっても、幸雄さんがコーチになってもOKなのだ。
彼らはパーツだから。

高田GMは?
彼もまたパーツなのだろうか。
そうなんだろうな。
とても重要だけれども、やはりパーツ。

ここらで代わることがいいのかもしれない。

去年優勝し、今年もまた優勝争いをしている。
藤井球団社長も健在だし、島田サンもいる。
この辺も、徐々に変わっていくかもしれない。


でも…
今のファイターズを作った一人である高田サンがいなくなっちゃうってのは、寂しいなぁ。
金子が引退するくらいまでは、高田サンにGMしてて欲しかったってのが本音だ。


☆高田GM関連記事

スポーツニッポン

ヒルマン監督に続き高田GMも今季限り
9月24日7時1分配信


 日本ハムを昨季、44年ぶりの日本一に導いた高田繁ゼネラルマネジャー(62)が、今季限りで退任する意向を固めていることが23日、分かった。04年11月に結んだ3年契約が10月で切れるのに際し「(球団に)返事はしていないが、監督も代わるし、新体制に移るいいタイミング」と語った。

 若手育成の強化方針にのっとり、独自のドラフト戦略でらつ腕を発揮。小笠原や新庄、岡島が抜けた今季も首位を走り、日本ハムを常勝チームに押し上げた功績は大きい。同GMは「この球団がしっかりしたビジョンを持っているから引き受けてきた」と他球団で職に就く考えはないという。

 球団では同GMを中心に新監督の人選を進めていることもあり、全力で慰留に努める構え。島田チーム統括本部長は「残ってもらえるよう最大限努力する」としている。

最終更新:9月24日7時1分



ちょっと安心した方もいらっしゃるのでは?
他球団で職につく気は無いそうですよ。
その言葉、信じていいのですね高田サン!
しっかし高田サン、62歳だったのね…。頑張れば40代後半~50代に見えなくもないわよ。
ナイスミドルでカッコイイ、なんて言ってた自分が恥ずかしいッス。
歳はおじいちゃんじゃないっすか…。


北海道新聞

高田GMが退団の意向(09/24 07:50)

 日本ハムの高田繁ゼネラルマネジャー(GM)(62)が来季以降の球団との契約を結ばず、3年契約の切れる今季限りで退団する意向を示していることが23日に分かった。

-略-

ヒルマン監督の退団が決まり、「一つの区切りとしてフロントも新しい体制になる良い機会」(高田GM)と判断して今季での退団に傾いた。

 高田GMは「フロントの体制は整っているため、自分がいなくても支障ないと考えているが、まだ迷っている」とし、今季のレギュラーシーズン終了までに球団側に最終的な回答を伝える予定だ。



やはり高田GMもパーツのひとつなんだなぁと思わせる発言。
本人に自覚もある。
ザ・組織人。
北海道日本ハムファイターズを形作っている人々は、日本プロ野球界においてはクールである…。
いい意味でね。


スポーツ報知

高田GM退団…日本ハムまた激震
9月24日8時1分配信

 日本ハム・高田繁ゼネラルマネジャー(GM=62)が、3年契約が切れる今季限りで退団する意向であることが分かった。球団側の再三にわたる続投要請にも、現在まで返事を保留している。2004年11月の就任以来、編成部門のトップとして的確な補強で戦力を強化、昨年はチーム44年ぶりの日本一にも輝いた。

-略-

チーム編成トップの高田GMも今季限りで退団することが決定的となった。同GMはこの日、報道陣に「1年(契約を)延ばす考えもあったけど、監督も代わるし、辞めるなら良いタイミング」と話した。

 日本ハムは04年オフからフロント、現場が一体となっての選手育成を目指し、GM制を導入。
-略-
44年ぶりの日本一を達成した。

 しかし、「3年のうちに優勝を果たしたい」という目標を達成したことが、退団の意思につながった。「2年で辞めようと思ったくらい。日本一にもなったし、今年もこれだけの戦力でやれているし…」と高田GM。7月から球団側はオプションを含め、2年の契約更新を申し入れてきた。現在、高田GMは1軍帯同の機会が多いが、以前からアマ野球視察などフリーに動けることを希望していた。この点も球団側は見直す方針。また、島田チーム統轄本部長は「『オフは札幌にいなくていいですよ』と伝えました」
と言い、東京・三鷹の自宅で家族と過ごす時間を増やすことも考えている。

 しかし、続投要請に対する返答は保留している。任期は10月いっぱい。レギュラーシーズン終了までに球団側に正式に退団を申し入れる見込みで、ヒルマン監督の後任監督人事が高田GMにとって最後の大仕事となりそうだ。

 ◆高田GMの功績 編成のトップとして独自のドラフト戦略をとってきた。04年は東北高・ダルビッシュを1巡目で単独指名、4巡目で元メジャーリーガーのマイケルを獲得した。05年は創価大・八木、シダックス・武田勝、昨年は楽天・田中の外れ1位で吉川(広陵)と現在、チームを支える選手の獲得に成功した。また、05年2月にはメジャー移籍を目指し、ヤクルトからフリーエージェント(FA)宣言した稲葉を獲得。昨年は開幕前に巨人から岡島を補強し、チームを強化した。

 ◆高田 繁(たかだ・しげる)1945年7月24日、鹿児島県生まれ。62歳。浪商、明大を経て、67年ドラフト1位で巨人入団。68年に新人王。69年から4年連続ベストナインに輝いたほか、ゴールデングラブ賞を外野手で4度、三塁手で2度獲得。80年に引退後、85年から日本ハム監督を4年間務めた。巨人の1軍コーチ、2軍監督などを歴任し、04年11月から現職。

最終更新:9月24日8時1分



高田サンが巨人の選手だったせいか、読売系列の報知、やたらと詳しいです。
う~ん、こういう仕事のヒトはシーズン中だけでなくオフの方こそ手腕発揮っつーか忙しいんだろうなとは思っていたけど、オフも北海道にいたのかー。
そりゃ大変だ。家は三鷹だと言うし、62歳…そろそろ休みたいというのが本音か?

それとも、アマなども見たいとのことだし、ハムが求めるGM像と高田サンがやりたい仕事に、少しだけズレがあるのだろーか。
それも球団側から歩み寄るカタチを取ろうとしてるみたいだけど。


うーん。
高田サンを見てると、いい仕事してんなーと羨ましくなる。
私もこのくらい、会社で欠くことのできない人間になりたいもんだ。

 

9/18vs楽天 -武田勝復活か~?-

kudouchann2.jpg

工藤ちゃんです。


kudoucahnn.jpg

工藤ちゃんです2


ども~。
武田勝の先発日に観戦してきましたよ~。

東京ドーム…相変わらず狭くて『球場』ってよりは『娯楽施設』ですが、まぁ…慣れましたネ。

遠すぎたので、武田は撮影できませんでしたが、工藤ちゃんの素敵な姿はパシャリ☆

可愛いでしょう。


武田は危なげなく7回までピシャリ。
抜群の安定感を誇った武田が帰ってきましたよ~。

打球は外野までポンポン飛ぶんですよね…怖い。怖いんですが、不思議と点は取られないんですよ。
ここぞという時の投球に集中してるんですかね。
たぶん、こういう投球が打者をイラつかせる投球なんでしょーね。
見てる方は気持ちいいですよ。

さてあとは、優勝目指すのみ。


ちなみに、ゆきおさんの引退試合は見れませんデシタ。
でもラジオで歓声を聞きながら眠りに落ちましたよ。
本当に疲れて疲れて、起きたら朝5時でした。
どんだけ寝るんだ自分は。
 

がむしゃら

お久しぶりです!!


最近仕事が忙しくて、なかなか野球を見ることができなかったのでブログも書いていませんでした。

しかし結果と途中経過だけはちゃんとチェックしております。

ある種今シーズンを決定付けると思われていたハム×ロッテ4連戦を3勝1敗。
ハムが優勝にぐっと近づいたのは、身内びいきな見方ではないでしょう。

決戦はハムとホークス。まさに天王山ですね。

なんというか…ホークス、またしてもホークスなんですね。強いな。

多分、ホークスは王監督が今シーズンで退団でしょう。(多分…)
ハムも、ヒルマン監督が退団、田中幸雄選手が引退。

世間は知名度もあり、去年の『悲劇』を味わっているホークスによりドラマ性を感じ、メディアもホークス寄りの報道をするかとも思いますが…。

この際悪役になってでも、勝利を掻っ攫って頂きたい!
私、モロにスラムダンク世代なので、湘北vs山王戦を思い出す…。

悪役ばんざい。


というわけで、ハムは結構ケガ人が多いようなんですが、大丈夫でしょうか。

最近、貧打問題も解消気味な感じ。
田中賢介と小谷野の復調が大きいのかな?
ちょっと前にはさっぱり当たりのなかった森本ひちょりが当たりを取り戻したし、セギノールも大事な場面でHRを一本。

今までは投手におんぶに抱っこだったけど、ようやく打線が機能してきた感じ。

ヒルマン監督の辛抱強さ、凄いよね。

あの戦力で、1度の優勝と、今年の優勝争い。
ヒルマン監督はとても優秀な監督だと思うのですが、それ以上にファンへの真摯な態度を含む、ハムという球団に対する貢献度も、歴代監督の中でも上位にくる監督ではないでしょーか。
優秀で、将来性のある若き監督、是非自分の夢をかなえるために、頑張って欲しいですね。

いつか、その監督の下で日本人選手なんかが活躍しちゃった日には…嬉しいですよね。


そうそう、今度私はアメリカに行ってくるんですが…ちょっとメジャーの球場へは行けそうにないんですよね。
いつか行きたいです。
日本人選手からメジャーリーガー、もっと出てくれないかなぁ。
行く楽しみ、増えるよね。
 

流れ/野球というスポーツにおいて

打てないなぁ…。


今、満塁で金子が三振。
三者残塁です。

打てないなー。


さて今回、結局稲葉のHRでしか点は取れなかったものの、今まで攻めあぐねていた涌井をKOしそうになった。
この回の攻撃は、前の回でグリンが2アウト2・3塁を守りきったあとに起こった攻撃である。


ピンチの後にはチャンスあり、という言葉があるけれど、サッカーやバスケと違い、野球(特にパは)守る時間/攻める時間 が明確に分かれていて、ピンチ/チャンスも隔絶して存在しているような…。

それなのに、ピンチの後にチャンス…というのは、統計学的に本当なのだろーか。

いわゆる「流れ」というやつである。

去年のハムは、後半戦そのものが優勝へと一直線への流れに乗りまくりに見えた。波が来たぜ乗らなきゃ損ソン。ってなカンジで。
一昨年はロッテ。

今年は…比較的、ロッテか?
ハムは一進一退を繰り返している感じ。
自力の差か…。
波に乗るのは上手いチームな気がするんだけど。

波とか、流れって、その実態は一体なんなのだろう!?

集中力…も、あるだろう。
運っては…単に確率の問題だろーか。

サイコロを50回振ったとき、そのうち30回「1」が出ても、1000回サイコロを振ったときには平均化するとゆー。

日ハムの「流れ」もとい勝つ確率は…大半を交流戦にて使い切ってしまった感が漂ってはいるけれど、最後の最後でもう一度…は、無いかな。
選手はみんな疲れているように見える。

それでも…工藤や、小谷野や、吉川、歌藤といった、去年いなかった「ニューヒーロー」がもっと出てきて、活躍すれば…日ハムというチームなら、もう一回エンジンがフル稼働でラストスパートをかけられるかもしれない…。

 

ファイターズ野球

最近のファイターズ、リアルタイムで見れてないのですが。

中継ぎ陣、やばそうですね。

ファイターズ野球の要って、中継ぎ投手なんだよなぁと常々思ってたんですけども…。
ここから崩れると、今後不安ですね。

何も負けがこんでいるから不安なのではなく…。
ハムの『勝てる』試合のやりかたが出来なくなりそうだから、不安だ。

去年からずっときていたファイターズの野球は…

中継ぎが点を取られない。
だから先発陣は5~6回まで全力でいける。
監督も投手交代の決断をしやすい。
結果、投げている投手が崩れないうちに次の、信頼性の高い投手に交代できる。
打撃も、1点さえ相手を上回れば勝てるから緻密で基本的なプレーを心がけられる。

だから、勝てる。


と、いいコトづくしだったんですが。

今回は、コマ不足だ。

去年中盤まで先発が崩れたときのロングリリーフに、右の立石、左の武田がいた。
今年は、立石は一度も1軍にあがってきてませんし、武田左は先発。

武田久・マイケル共に去年の登板過多がたたって調子はイマイチ。

ここでワンランク信頼度の落ちる押本・江尻が彼らのカバーに回ってますが、いまいち上手くいかず。
オリックスからトレードの歌藤も、去年の岡島ほどの信頼度は無く…。

このパーツが完全に機能しないことには…去年までのハムの野球を思い描いても、無理。
どこかで歪みが生じます。

……やはり要は、中継ぎ陣、とくに武田久なんだなぁと痛感します。
岡島が抜け、武田左が先発に回ったことも間接的な要因のような気もしますが。


先発が途中まで踏ん張り、中継ぎが限りなく失点をゼロに押さえ、打撃陣が1点でも多く点を取る…というパターン以外にも、勝ちパターンがあると・・・いいですなぁ。
 

ハム打線。

日ハムという球団には打てなくなる呪いがかけられている!


…というウワサがあるかどうかはわかりませんが、日ハムのいるところ、強力な磁場が働き、味方打線も、そして相手打線も打てなくなります。

ウソです。


どうしたもんでしょ。

今日はひちょり-賢介-稲葉の三人が当たっていて、今後に期待です。
そろそろ中継ぎ投手陣の減価償却がヤバそうなので、打って使用を控えさせてください。
押本、橋本なんか全然投げてないじゃないの…。


さて今日はハムらしさ全開でした。
武田勝のノラリクラリ投法、野手は守れるけど打てない…。

最近一軍にあがってきた小田、坪井、小谷野、飯山、そして金子。
いい守備してます。

っていうか打てい小田、小谷野。
一塁手と三塁手って…打撃重視じゃないの~?


武田は今日は調子悪かったそうですが、オリックス打線の早打ちに助けられ、そして野手の守りに助けられたとのことでした。

高橋信二と息ピッタリみたい。
ブルペンで投げているときから調子悪いってのは信二と話していたとのことで、まぁ調子悪いなりに、信二も投球を組み立てたんでしょうね。

しかし苦しい試合だった。
一点も、エラーで取ったもの。

ファイターズの野球って…ツラーイ(笑)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。