FC2ブログ
prev12next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

薫

Author:薫
衣/冒険はしない
食/お酒のおつまみ系
住/かながわけんみん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ヒルマン監督が就任会見で「ハムは誇り」

ロイヤルズの監督就任会見でムーアGM(左)と握手するヒルマン監督(AP)  ジャパニーズ・ドリームをかなえた。日本ハムのトレイ・ヒルマン監督(44)が22日(日本時間23日)、米ミズーリ州カンザスシティーでロイヤルズ監督就任会見を行った。会見の中では日本ハムでの5年間の経験をアピール。選手、監督としてメジャー経験がない点を不安視されると「5年間(日本の)メジャーリーグの監督だった」とプライドを見せた。24日に再来日し、翌25日からの日本シリーズ(27日開幕、札幌ドームほか)の最終調整からチームへ合流する。

 スッキリした表情で、ヒルマン監督が日米のテレビカメラがずらりと並んだ会見に登場した。青いシャツの上に、背番号22のユニホームを羽織り、笑みを浮かべた。夢だったメジャー監督就任が現実のものになった。初めて袖を通し、「私の人生最良の日。これ以上の幸せはない。すでに私の体にはロイヤル・ブルーの血が流れている」と喜びを表した。父ロイスさんやマリー夫人ら家族が同席し見守った中で、新たな未来への第1歩を踏み出した。

 意地とプライドが入り交じった就任会見になった。実は選手としても指揮官としても大リーグの経験がない監督は、極めて珍しい。その点がマイナスだったのかどうかは定かではないが、昨オフには地元テキサスのレンジャーズ、パドレス、アスレチックスの3球団の監督面談を受けたが、落選した。大きく落胆したまま今季、「出戻り」という形になった。

 米メディアからは、そんな実績、経験不足を不安視する辛らつな質問を受けた。強い口調で反論した。「言わせていただけるなら、私は5年間メジャーリーグの監督だった。日本のメジャーリーグです。日本の野球は米国に匹敵するレベルにある」。今季は球団史上初のパ・リーグ連覇を達成。2年連続の頂点を目指す日本シリーズ進出も決めた。「ベースボールは世界中同じ。スタイルに違いはあるが、監督は選手と良い関係を構築して能力を引き出してやることが仕事」。日本の野球を軽視するような質問を、はねつけた。

 ロイヤルズはア・リーグ中地区で4年連続最下位。85年のワールドシリーズ制覇以来、プレーオフ進出もない。再建に向け「私は飢えた男。負けるのは好きではない。(チームを)基礎的な部分からつくっていって、力を長い間維持できるようなレベルにまで高めたい。選手と対話しながら方法を模索したい」と日本でのやり方を継続していくことを明かした。今回のビッグチャンスにつながるきっかけになった日本ハムの選手たちには「選手たちと残りの日々を満喫したい」とメッセージを送った。正真正銘の有終の美を飾るため、最後にはしっかりと「日本ハム監督」へ変身していた。

[2007年10月24日9時7分 紙面から]




ヒルマン監督かっこいい~。
日本で監督をしたことが、彼の日本野球への自信と誇りになってることが嬉しいッス。
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。