FC2ブログ
prev12next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

薫

Author:薫
衣/冒険はしない
食/お酒のおつまみ系
住/かながわけんみん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント
コメントを投稿する

裏金、なぜ悪い?

<西武現金供与>高野連がプロ側に詳細な調査求める


3月10日21時37分配信 毎日新聞

 西武が、プロ入りが有望視される東京ガスの木村雄太投手(21)と早大3年生の野手に現金を渡していた問題で、日本高校野球連盟の田名部和裕参事は10日、「高校在籍中から(西武が金銭授受に)関与していた疑いがある」としてプロ側に詳細な調査を求めたことを明らかにした。週明けにも西武から日本プロ野球組織(NPB)に対して報告書が提出される予定で、日本高野連はこの報告に基づくプロ側からの説明を受けた後、関係する県高野連に事実の調査を求める。
 東京ガスの木村投手は同日、記者会見で秋田経法大付高3年時の04年1月からの金銭授受を認め、早大選手の父親も大学進学時にスカウトから金銭供与の誘いがあったことを明かした。日本高野連ではこうした事実を踏まえ、西武から選手にどのような接触があったかどうか、高校関係者にも接触があったかどうかを調べ、場合によっては処分も検討する。【滝口隆司】




西武は何故このタイミングで発表したのでしょうか。
スカウトを切って、それで終わりになりそうです。
折角問題が顕在化したのに、トカゲの尻尾切りで終わってはいけませんが…そうなるんだろうなぁと予想できるのが悲しいですね…。

そもそも、何故裏金がイケナイといわれるのかな~と考えたところ、ドラフトの意義(=戦力均衡)が崩れるからかな?と思いました。

「裏金」というコソコソやるのががイケナイなら、契約金の上限を撤廃すればいい話ですもんね。
でもそうなると、日本のプロ野球は破綻する気がするし。

もう一つ、プロ野球は少年へ夢を与えるものでなくてはならないのに、いつでもカネが付きまとってはイメージが悪いです。

援助交際と構図は似ているのかもしれない・・・。
お金と体のギブアンドテイク。
他の人には迷惑かけてないのに、何が悪い!・・・って。
結局は倫理の問題か。

野村監督「氷山の一角では」=西武裏金問題
3月10日21時1分配信 時事通信

 西武がアマチュア選手2人に金銭を供与していた問題で、楽天の野村克也監督は10日、「氷山の一角で、まだまだ出てくるのではないか。実行委員会などで決めたことを自らが破っている」と、球界全体を戒めるように語った。中日の落合博満監督は「現場が立ち入る問題じゃない。内情をよく知らない」と多くを語らなかった。 

最終更新:3月10日21時1分



氷山の一角でしょうね。
これだけのハズは無い。
1匹見たら30匹・・・と言いますからね。調べればわんさか出てくるはず。

それというのも、長年こういう風習が「暗黙の了解」だったから、それから脱皮できないでいるのかもしれない。

日ハムにもそーいう風習があったのかどうか・・・はわからないが、選手の親から
「なぜウチの息子にだけ出ないのですか? ウチの息子にはもっと価値があるはずです」
つまり
「皆やってるのに何故ウチはもらえないのか」と、暗に裏金を要求したエピソードが、記事になってました。

なんつーオープンな・・・とちょっと呆れました。
コチラです。
該当部分のみ引用。

【高田繁「日ハム1位の真相」】

2006年10月3日 掲載
大きな収穫を得ることになったダルビッシュ親子の説得
時間はかかったが


「なぜウチの息子にだけ出ないのですか? ウチの息子にはもっと価値があるはずです」
 日ハムは一昨年のドラフトで東北高のダルビッシュを1巡目指名した。将来、チームを背負って立つ投手と評価したからだ。
 その交渉の席で父親のファルサさんからこう言われた。
 甲子園で活躍したダルビッシュは他球団も獲得に動くとの情報が流れていた。それが思わぬ単独指名で交渉権を得た。これは後に聞いたことだが、他球団の中には「ダルビッシュは欲しいが父親にカネを吹っかけられるのではないか」と手を引いたところもあるという。
 球界はその年の夏に明大・一場(現楽天)への裏ガネが発覚。3球団のオーナーが辞任した。他にもドラフト指名選手に対する裏ガネの噂がマスコミに報じられたりしていた。そのためプロ野球界全体が反省し、改めて襟を正す方針を確認した。
 そればかりではない。日ハムの親会社はかつて牛肉偽装事件を起こし、社会的な批判を浴びた。法令順守、ルール順守の徹底が親会社、球団の方針になっていた。
 ドラフト指名選手の契約金+出来高払いは最大で1億円+5000万円と定められている。そのことをファルサさんに話し、「チームとしてはダルビッシュ投手を最大に評価している。しかし、ルールを曲げることはできない。球界全体も不祥事を反省して新しい一歩を踏み出している」と説得、理解を求めた。
 時間は多少かかったがファルサさんも納得。いったん納得したらグズグズ言わない。こちらの提示した条件で入団の契約をすることができた。


 
昔からズルズル続いている方法。
一番安易な方法ですよね。
札束で横っ面をひっぱたくって。
スカウト活動に創意工夫なんて必要無いですもんね。


どういうルールを作れば、こういうことは無くなるのでしょうか。

個人的には、一番公平でワクワクする「くじ引き」が好きなのですが。希望枠なんか、つまらない。
金銭問題を起こした球団と選手にはそれなりの罰則も必要では?

スポンサーサイト
 
コメント
コメントを投稿する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。