FC2ブログ
prev12next
sunmontuewedthufrisat
------1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031-----

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

薫

Author:薫
衣/冒険はしない
食/お酒のおつまみ系
住/かながわけんみん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
コメント

包囲網

いつも読んでます。

>他の球団に行きたいから、毎年年俸交渉で粘る…という手法が今回認められると、経営者側は困りますよね。

年俸調停のちょの字もなしに自由契約――。
野茂のMLB行きのゴタゴタで経営側も学んでいたのか、中村の強硬姿勢をうまく活用しているな、という印象を受けます。一昔前なら任意引退も考えられるケースですが、今回は逃げ道を与えるフリをして巧妙に退路を断っているような。

夕刊フジも書いてましたが、経営側による反乱分子包囲網みたいな横の繋がりはあるのでは、と私も思います。球界の秩序維持も必要ですから全てがイケナイってことはないと思いますが(こうなった責任は中村の責任も大ですし)、業界のヤリ口も暗いなァと。

3塁がスワとハムの現場サイドからみて補強ポイントであることは間違いないんですが、ノリ獲得に手を挙げたのが元選手会の強硬派と日本球界にしがらみのない外国人監督だけというのが何とも。

ヒルマン監督は本気でノリを欲しがっているんじゃないでしょうか。
じゃなかったら継続審議にならないと思うので、ヒルマンさん結構強硬なのかも。
 

こんばんは(^^)いつも読んでくださってありがとうございます。少し恥ずかしいです^^;
あと、ちどりさんの所では、レスポンス(?)ありがとうございました!

>夕刊フジ
自分の記事を書いた後に夕刊フジさんの記事を読んだのですが、似ていたのでちょっとビックリしました。
年俸問題はどこの経営者サイドも頭を抱える問題だと思うので、明確な協定などは無くとも、裏口合わせてても不思議ではないですよね。
国の広さもスポーツに対する土壌(掛けられる金銭の額)も、MLBとは全く違う日本で、今後更に高騰していく年俸っていうのは問題になると思いますしね…。選手もそこのとこの事情、わかってくれるといいんでしょうけど…。

>3塁がスワとハムの現場サイドからみて補強ポイントであることは間違いない
>んですが、ノリ獲得に手を挙げたのが元選手会の強硬派と日本球界にしが
>らみのない外国人監督だけというのが何とも。

そう、私もそこが気になりました。古田監督とヒルマン監督…。
古田監督の傍には宮本現選手会会長もいますし。

>ヒルマン監督は本気でノリを欲しがっているんじゃないでしょうか。
>じゃなかったら継続審議にならないと思うので、ヒルマンさん結構強硬なのかも。

確かにまだ中村獲得について明確な答えが出ていないってことは、獲得の可能性も大きそうですよね^^;高田GMが、現場はできるだけ戦力が欲しいから長期的な視野では中々考えにくいと言っていましたし…。
個人的に飯山が好きなので、三塁の枠が狭まるとちょっと複雑です。飯山頑張れ~。
 
コメントを投稿する

トラックバック

ノリの獲得には賛成できず

地元、北海道の新聞では至って消極的と綴られていたのに対し、スポーツ新聞の一部には何やら不穏な記事が掲載されていた。昨季から手薄な三塁手に右の長距離砲の補強ポイントが合致する事から今更、ファイターズが自由契約となった ...
 

いまさら中村紀のオリックス退団問題について

選手と球団が、年俸交渉で面白いバトルを繰り広げてくれるのは毎年のことですが…今年は「ケンカの後は仲直り」といかない方々もいたようです。

オリックスの中村紀洋。

確かにここ最近、シーズン成績は急落していて、年俸とは釣り合っていませんでした。
日ハムの高田さんが言うところの、「怪我がちで満足に試合に出られない」「高年俸の余剰戦力」だったわけです。

現にオリックスは、減額できる範囲を超えて大幅なダウン提示をしました。

それを中村側が飲まなかったため、退団という形を取ることになった…と、報道されています。

しかし同じように年俸でモメにモメてる中日・福留に関しては、球団側は最終的に「調停」というカードを切るそうで、この方法が正攻法…というか、普通なのでしょう。

では、どうしてオリックスは、調停という方法ではなく、いきなり退団扱いをしてしまったのか。


勿論、福留と中村の成績を比べてみれば雲泥の差で、それゆえに球団の姿勢も全く別なのですが、年々選手の年俸が高騰していく現状に危機感を覚えた球団が打ったひとつの策なのでは…?と思いました。


これまで、中村にわずかでも「欲しい」というニュアンスの記事がオモテに出たのは、ヤクルト・古田監督と、日ハム・ヒルマン監督からの働きかけ。
両名いずれも現場の人間です。
しかしそれにノーと答えたのはフロントの方々。

うーん…これは、中村は、選手全員への警告というか見せしめに利用されたのでは…?

まぁこんなことを言ってどこかの球団が中村を獲得したら笑ってやって欲しいんですけど…、フロントサイドからすれば絶対に獲得したくない…というよりは、「できない」のではないでしょうか。

勿論今回は球団側が中村に対して「じゃあ出ていっていいよ」と許可したわけなんですが、今回どこかが中村を獲得してしまうと、今あるFA制度が形骸化してしまう危険性も孕んでるってことですよね。

他の球団に行きたいから、毎年年俸交渉で粘る…という手法が今回認められると、経営者側は困りますよね。

だからこそ、絶対に獲得できないのでは…。

戦力という一点のみで考えれば、代打成功率が極めて低く、小笠原が抜け平均長打率が激減するであろう日ハムは、獲得に動いても不思議ではないんですよね。
もちろん、岩村が抜けたヤクルトも…。


さてこの中村騒動、どのように収束するのか。

国内球団は、様々な要因から獲得に乗り出すのは難しいと言わざるを得ません…が、事実は小説よりも…ってコトで。
スポンサーサイト
 
コメント

包囲網

いつも読んでます。

>他の球団に行きたいから、毎年年俸交渉で粘る…という手法が今回認められると、経営者側は困りますよね。

年俸調停のちょの字もなしに自由契約――。
野茂のMLB行きのゴタゴタで経営側も学んでいたのか、中村の強硬姿勢をうまく活用しているな、という印象を受けます。一昔前なら任意引退も考えられるケースですが、今回は逃げ道を与えるフリをして巧妙に退路を断っているような。

夕刊フジも書いてましたが、経営側による反乱分子包囲網みたいな横の繋がりはあるのでは、と私も思います。球界の秩序維持も必要ですから全てがイケナイってことはないと思いますが(こうなった責任は中村の責任も大ですし)、業界のヤリ口も暗いなァと。

3塁がスワとハムの現場サイドからみて補強ポイントであることは間違いないんですが、ノリ獲得に手を挙げたのが元選手会の強硬派と日本球界にしがらみのない外国人監督だけというのが何とも。

ヒルマン監督は本気でノリを欲しがっているんじゃないでしょうか。
じゃなかったら継続審議にならないと思うので、ヒルマンさん結構強硬なのかも。
 

こんばんは(^^)いつも読んでくださってありがとうございます。少し恥ずかしいです^^;
あと、ちどりさんの所では、レスポンス(?)ありがとうございました!

>夕刊フジ
自分の記事を書いた後に夕刊フジさんの記事を読んだのですが、似ていたのでちょっとビックリしました。
年俸問題はどこの経営者サイドも頭を抱える問題だと思うので、明確な協定などは無くとも、裏口合わせてても不思議ではないですよね。
国の広さもスポーツに対する土壌(掛けられる金銭の額)も、MLBとは全く違う日本で、今後更に高騰していく年俸っていうのは問題になると思いますしね…。選手もそこのとこの事情、わかってくれるといいんでしょうけど…。

>3塁がスワとハムの現場サイドからみて補強ポイントであることは間違いない
>んですが、ノリ獲得に手を挙げたのが元選手会の強硬派と日本球界にしが
>らみのない外国人監督だけというのが何とも。

そう、私もそこが気になりました。古田監督とヒルマン監督…。
古田監督の傍には宮本現選手会会長もいますし。

>ヒルマン監督は本気でノリを欲しがっているんじゃないでしょうか。
>じゃなかったら継続審議にならないと思うので、ヒルマンさん結構強硬なのかも。

確かにまだ中村獲得について明確な答えが出ていないってことは、獲得の可能性も大きそうですよね^^;高田GMが、現場はできるだけ戦力が欲しいから長期的な視野では中々考えにくいと言っていましたし…。
個人的に飯山が好きなので、三塁の枠が狭まるとちょっと複雑です。飯山頑張れ~。
 
コメントを投稿する

トラックバック

ノリの獲得には賛成できず

地元、北海道の新聞では至って消極的と綴られていたのに対し、スポーツ新聞の一部には何やら不穏な記事が掲載されていた。昨季から手薄な三塁手に右の長距離砲の補強ポイントが合致する事から今更、ファイターズが自由契約となった ...
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。