FC2ブログ
prev04next
sunmontuewedthufrisat
----123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

プロフィール

薫

Author:薫
衣/冒険はしない
食/お酒のおつまみ系
住/かながわけんみん。

6/10~6/11ハムvs中日 好ゲーム

こんばんは。

中日の緒戦を落としたので、この三連戦はひとつでも勝てれば御の字かなぁと思っていたら、なんと2連勝!
現在セ・リーグの首位チームに勝ち越しというのは非常に大きいです。


6/10(土)

中日4-7ハム
勝-ディアス
負-朝倉



この日はディアスがのらりくらりと投げ、なんだかんだで6回2/3を7安打4失点。
安定はしていなかったような感じはしましたが、要所で併殺を取るなど、ポイントポイントを〆ていました。

その後は清水、武田久、岡島、マイケルと細かに継投して、失点ゼロ。

この日の継投は、おそらく首脳陣のデータ通りにいったのではないでしょうか。
清水の後に武田久が出たシーンでは、思わず息を飲んでしまいましたが、この日は制球が低めに集まり、そこそこの出来だったと思います。


巨人戦では1イニング9失点や、昨日のサヨナラ負けを体験しているだけに、ヒヤヒヤしながら見ていましたが、この日はなんとか勝ちにこぎつけました。

7失点した時点で、落合監督はこの試合を投げていたかもしれません。
朝倉を変えなかったので、落合監督なりの采配だったんでしょう。


さて、そして本日6/11(日)、この日の先発はエース金村。
パの上位3チームに少々遅れを取っている日ハムとしては、なんとか今日勝っておきたいところ。

結果は、

中日1-2ハム

勝-金村
負-平井
S-MICHEAL



今日は金村が8回まで1失点の好投。
リード1点で迎えた9回は、マイケルが3者凡退でしめる最高のゲームでした。

個人的に今日の見所は、6回裏と7回裏。
6回裏には1失点したものの、いずれも金村の、エースたる所以を見せてもらった回でした。

まず6回裏、この回はピッチャー小笠原からの打順。
1点負けている中日は、小笠原に変えて、代打上田をコール。
この上田がライト線へ2ベースヒット。

そして打席に森野を向かえ、金村は2塁に牽制球を送ります。
が、悪送球でボールは上田の背中へ!
コロコロとセンターの方へボールが転がる間に、上田は3塁へ到達します。

ノーアウト3塁。
見ているこっちは1失点を覚悟しました。
というか、1失点で済めばOK!という気持ちでしょうか・・・。

森野をショートフライで打ち取るものの、次の井端に、スクイズを決められます。
が!
金村が華麗な動きでホームへグラブトス!

アウトだ!
そう思いましたが、上田のホームベースへのスライディングが、一呼吸早かった。

捕手鶴岡の抗議の間に井端は1塁へ。
スコアは1-1の同点に追いつかれます。

更にここでクリーンアップを迎えます。
しかも福留にはフォアを与えてしまい、1アウト1・2塁。

しかし金村、ここがエースたる所以なのでしょう。
今日はあまりいい制球だとは思えませんでしたが、おちついた投球で、しっかりと、ウッズをセカンドフライ、アレックスを三振に打ち取ります。

悪いことが重なった6回裏を、たった1失点で切り抜けました。
しかもその1失点も、金村の非常に上手いフィールディング、上田の絶妙な走塁と、見ごたえ充分。
地上波があってよかった!と思えるようなプレイでした。


次の7回裏も非常に見ごたえのあるものでした。


『魔の7回』。
金村は先頭打者の立浪を、フォアで歩かせてしまいます。
正直、私はここで先日の巨人戦を思い出しました。
1イニング9点取られたあの回も、先頭バッターをフォアで歩かせていたからです。

落合監督はここで代打川相を送ります。

バントだと誰もが思ったと思いますが、ここで川相は意表をつくバスター!
金村の頭上、セカンドベースの上空をふわりと飛んでいくボールは、なんとあらかじめ浅く守っていた新庄によって捕球されました。
流石新庄。

ホっとした次の打者谷繁、手堅くバント。
2アウト2塁で、代打高橋光。
この高橋には、6/9の敗戦に大きく絡んだ安打を打たれています。

投げても投げてもカットされ、ヒヤヒヤした2人の対決、勝ったのは金村でした。

打ち取った球種は、パームボール!
球速わずか90キロ台の、山なりのスローボールは、拍子抜けしたような高橋のスイングに当たり、ふらふらとライト方向へ浅くあがり、稲葉によってアウトにされました。

う~~ん、もう寿命が縮まりました。
中日と日ハムの試合は、いつも接戦のドキドキ試合なので、年に何度か見るだけでお腹いっぱいです。

セとパのチームでよかったですよ、ホント。

9回オモテにセギノールがノースリーから勝ち越しのソロホームランを打ってくれ、この日のヒーロー。

でも、この日は皆がヒーローだったなぁと思うのでありました。

非常にいい形で勝てた対中日戦。
思えば交流戦が始まった初の相手が中日で、連日の延長戦を勝ち越し、勢いづいたのもこのチーム相手だったなと思い出し、最後の交流戦のひと分張りを、なんとか勢いでイケるかな・・・?と思いました。


さて最後に、NHKが非常~にマイナーすぎるデータを出してくれました。

「1ヒットで相手が3塁を回る確率」

相手が2塁にいたときに、シングルヒットで3塁回って生還するかどうか・・・ってコトですね。
分母がいまいち謎ですが、面白かったので、参考までにどうぞ。


「1ヒットで相手が3塁を回る確率」
中日 40.8%   ハム 37.4%
横浜 48.3%   SB 49.0%
阪神 48.9%   楽天 51.4%
広島 49.4%   西武 52.8%
ヤク 52.5%   オリ 55.6%
巨人 53.3%   ロテ 58.7%




日ハム鉄壁!
嬉しいですね。
ハムと対戦する相手は、「2塁はスコアリングポジションではない」ってことを覚えておいてくださいね。

なんて、今ハムは4位なんでえらそうなことは言えないですね。
スポンサーサイト



 
コメント

なるほど

なかなかどーして内容が濃い。
鋭い洞察力、素晴しい。
サッカーの記事を書いている場合じゃないと
カオルさんのブログを見てちょっと反省。(笑)
 

嬉しいです。

こんばんは。
いや~非常に嬉しいお言葉ありがとうございます。日々精進です、はい。
昨日のサッカーは逆転3ランを打たれた気分でしたね・・・10分で3点とか入るんだ、サッカーで・・・という、信じられないものを見た気分でした。
 
コメントを投稿する

トラックバック

終盤に手痛い3発、日本初戦飾れず

仕事がいいだけ詰っているにも関わらずさっさと帰宅し晩飯をかっ食らい、そんでもって9時にはシャワーを浴び早々と臨戦態勢をとった。野球ファンでありながらWBCと大会の持つ意味が違 ...